具体的な形態を把握しよう

>

のれんを分けてもらおう

この記事をシェアする

のれん分けとは

どこかのお店で修業をして、のれんを分けてもらうと支店という形態で飲食店を経営できます。
それも飲食店を経営をしたい時におすすめの形態なので、どこのお店で修業するか決めてください。
自分もこの味を再現したい、この味を守っていきたいと感じる飲食店を探しましょう。
厳しい修業になりますが、料理の基本をプロから教えてもらえる面がメリットです。

また厨房に立って、プロの作業や接客を見るだけでも勉強になります。
現場に出ながら自分のスキルを高められるので、積極的に見学してください。
またのれん分けをしてもらったら、本店のブランドを利用できます。
すると新しい飲食店でも、本店の名前に惹かれてお客さんが通ってくれるかもしれません。

いつ独立できるかわからない

本店からのれんを分けてもらえるまで、修業に長い時間が掛かるケースが多いです。
それが、この形態のデメリットだと覚えておきましょう。
自分なりに努力しても、実力を認めてもらえなかったらいつまで経っても独立できません。
そのため、途中で諦めてしまう人も見られます。
のれんを分けてもらえるよう、お店で働いている時以外にも学んだことの復習をしたり、経営のノウハウを勉強したりしてください。

またブランドを傷つけることがあれば、のれん分けがなかったことにされる危険性があります。
ですからお店のコンセプトや味を変えずに、本店の意思を受け継ぐことが大切です。
フランチャイズのように、自由度が高い経営はできないと覚えておきましょう。